« ボタス(メルセデス)、チームの戦略に疑問示唆 | トップページ | マレーシアGPに早くも復活開催の動き »

2019/04/19

ロシア富豪、ウィリアムズ・チーム買収の噂

Nikita Mazepin (C)Ex.Force India F1
ウィリアムズ・チームにロシアの富豪による買収話が勃発、F1関係者に衝撃を与えている。

プライベートチームの雄として、かつてはタイトル獲得を欲しいままにしたこともある名門ウィリアムズ・チームだが、ここ数年は苦戦、昨シーズンはコンストラクターズ・ランキング最下位と低迷、これに伴い資金難にも陥っているとされる。

そんな中、複数のメディアが伝えたのはロシアの大富豪であるドミトリー・マゼピン氏の名前。
同氏は気鋭のレーシングドライバーであるニキータ・マゼピン(20歳:ロシア)の父親でも知られる。
マゼピンは2014年にCIK-FIA カートで2位、2015年にフォーミュラ・ルノー2.0 NECでランキング12位、2018年はGP3にARTグランプリから参戦し4勝を挙げランキング2位となっている。
また2016年、まだ16歳の時に当時のフォース・インディアで開発ドライバーとしてF1テストを経験、現在はメルセデスAMGチームに籍を置きながら『F2シリーズ』に挑戦する。

|

« ボタス(メルセデス)、チームの戦略に疑問示唆 | トップページ | マレーシアGPに早くも復活開催の動き »