« ライコネン(アルファロメオ)、ウィングが規定違反で予選失格 | トップページ | リカルド(ルノー)、「バック突っ込み」でペナルティ »

2019/04/28

アゼルバイジャンGPもメルセデスAMGの1-2フィニッシュ

V.Bottas & L.Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します

27日(日)16時10分(日本時間:21時10分)からバクー市街地コースを舞台に、2019年F1第4戦アゼルバイジャンGPの決勝レースが行われた。
スタート前の天候は晴れ、気温は21度、路面温度43度と高め、路面はドライコンディションと報告されている。
ピレリは今回、C1からC5まで5種類のコンパウンドのうちホワイトのハードにC2、ミディアムのイエローにC3、そしてレッドのソフトにC4という中間の3種類のタイヤを持ち込んでいる。
このうち規定で決勝レースではハードかミディアムのいずれか1セットを含む2セット以上を必ず使用しなければならないことになっている。
なお既報のようにジョビナッツィ(アルファロメオ)はパワーユニット・コンポーネント交換のため予選グリッド10番降格で18番手に、またガスリー(レッドブル)は重量測定検査を受けなかったため、ライコネン(アルファロメオ)はフロントウィングの規定違反で共に予選失格、クラッシュしたクビサ(ウィリアムズ)と合わせ3台がピットレーンスタートとなっている。

スタートは大きな混乱やアクシデントもなく始まった。
リーダーはグリッド通りボタス(メルセデス)、ハミルトン(メルセデス)が続く。
14周目、ピットレーンスタートしたクビサ(ウィリアムズ)にジャンプスタートがあったとしてドライブスルー・ペナルティーが通告された。
32周目、10位を走っていたクビアト(トロ・ロッソ)に迫っていたリカルド(ルノー)が衝突、イエローコーションとなった。
リカネドはリタイヤ第1号に、さらにその後クビアトもリタイヤ。
この件はレース後の審議対象とされる。
その間に、タイヤ交換なしに首位を走っていたルクレール(フェラーリ)をタイヤ交換を終えているボタス&ハミルトンが相次いでパス、1-2位を奪い返した。
3位はベッテル、4位フェルスタッペン、5位まだタイヤ交換なしのガスリー(レッドブル)。
39周目、そのガスリー(レッドブル)が突然マシントラブルを訴えてスローダウン、ストップしてセッションはバーチャル・セーフティカーになった。
残り数周となったところでフェラーリはルクレールをタイヤ交換に呼んだ。
後続(ペレス)との感覚があるのでフレッシュなソフトタイヤに換えてファステストラップ狙いだ。
すかさずハミルトンが最速ラップを書き換えてボタスとの間隔を1秒以内に詰める。
すると逆にボタスがファステストラップ記録。
最終ラップ、ルクレールが狙い通りにファステストラップを奪い取る。

51周のバトルを終え、チェッカーフラッグ。
ポールポジションからスタートのボタス(メルセデス)がポールTOウィン。
今季開幕戦以来の勝利で、自身通算5勝目。
2位にハミルトン、これで開幕からの4戦すべてでメルセデスの1-2フィニッシュ。
勝利数も2位の回数同じだが、開幕戦で記録したファステストラップの1点だけボタスがリードする結果となった。
3位ベッテル(フェラーリ)、4位フェルスタッペン(レッドブル)、5位ルクレール(フェラーリ)、7位サインツ(マクラーレン)、8位ノリス(マクラーレン)、9位ストロール(レーシング・ポイント)、10位ライコネン(アルファロメオ)までが入賞。
11位アルボン(トロ・ロッソ)、12位ジョビナッツィ(アルファロメオ)、13位マグヌッセン(ハース)、14位ヒュルケンバーグ(ルノー)、15位ラッセル(ウィリアムズ)、16位クビサ(ウィリアムズ)までが完走。
リタイヤはガスリー(レッドブル)、グロージャン(ハース)、クビアト(トロ・ロッソ)、リカルド(ルノー)の4台となった。

アゼルバイジャンGPのレース結果はこちら
アゼルバイジャンGPの画像はこちら

|

« ライコネン(アルファロメオ)、ウィングが規定違反で予選失格 | トップページ | リカルド(ルノー)、「バック突っ込み」でペナルティ »