« フリー1回目、ベッテル(フェラーリ)が最速タイム記録 | トップページ | ガスリー(レッドブル)、ピットレーン速度違反で罰金 »

2019/04/12

フリー2回目、ボタス(メルセデス)がトップタイム記録

Shanghai Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
12日(金)14時(日本時間:15時)から2019年F1第3戦中国GPのフリー走行2回目セッションが行われた。
セッション開始時の天候は曇り、セッション開始時の気温は19度、路面温度35度、路面は引き続きドライコンディションと報告されている。

クビアト(トロ・ロッソ)は1回目のセッションでデータに異常がみられたということでガレージでPU(パワーユニット)ごと交換作業を敢行、その分アルボン(トロ・ロッソ)が精力的に周回を重ねてデータを採っている。
結局クビアトがコースインしたのは90分のセッションも各車ロングランに入る後半になってからだった。
そんななか、ルクレール(フェラーリ)のマシンがガレージに留まったままになった。
前戦はインジェクションのトラフィックに見舞われ初勝利の機会を逃がしている。

今回のトップタイムはボタス(メルセデス)1'33.330で2番手のベッテル(フェラーリ)に0.027秒の差を付けた。
3番手フェルスタッペン(レッドブル)でこちらはトップと0.221秒差、4番手ハミルトン(メルセデス)、5番手ヒュルケンバーグ(ルノー)、6番手サインツ(マクラーレン)、7番手最後走れなかったルクレール(フェラーリ)、8番手ノリス(マクラーレン)、9番手リカルド(ルノー)、10番手にガスリー(レッドブル)。
トロ・ロッソ勢はアルボンが12番手、周回の少なかったクビアトと13番手だった。

中国GPフリー走行2回目の結果はこちら
中国GPの画像はこちら

|

« フリー1回目、ベッテル(フェラーリ)が最速タイム記録 | トップページ | ガスリー(レッドブル)、ピットレーン速度違反で罰金 »