« フリー走行3回目、好調ルクレール(フェラーリ)が最速 | トップページ | 予選Q2、今度はルクレール(フェラーリ)がクラッシュ »

2019/04/27

予選Q1、最後にクビサ(ウィリアムズ)がクラッシュ

27日(土)17時(日本時間:22時)からアゼルバイジャンGPの公式予選Q1が行われた。
18分間で争われるここでは全20台中、下位の5台がノックアウトとなる。
セッション開始時の天候は晴れ、気温は17度、路面温度は38度、路面は引き続きドライコンディションとなっている。

フリー走行1回目セッションでマシンを大破させたラッセル(ウィリアムズ)が真っ先にコースインして始められた。
ストロール(レーシング・ポイント)がウォールにヒットして土煙が上がった。
セッション終了間際、クビサ(ウィリアムズ)が8コーナーでタイヤバリヤに正面からクラッシュ、赤旗中断となった。

結局ここでトップタイムをマークしたのは皮肉にもピットレーンスタートが決まっているガスリー(レッドブル)で1'41.33。
これに0.091秒差でルクレール(フェラーリ)が続く。
3番手ハミルトン(メルセデス)、4番手フェルスタッペン(レッドブル)、5番手サインツ(マクラーレン)、6番手ボタス(メルセデス)、7番手ベッテル(フェラーリ)、8番手ライコネン(アルファロメオ)、9番手ジョビナッツィ(アルファロメオ)、10番手アルボン(トロ・ロッソ)。
さらにペレス(レーシング・ポイント)、クビアト(トロ・ロッソ)、ノリス(マクラーレン)、マグヌッセン(ハース)、そしてリカルド(ルノー)まで゛かQ2進出。

ここでの敗退はストロール(レーシング・ポイント)、グロージャン(ハース)、ヒュルケンバーグ(ルノー)、ラッセル(ウィリアムズ)、そしてクビアト(トロ・ロッソ)の5台となった。

|

« フリー走行3回目、好調ルクレール(フェラーリ)が最速 | トップページ | 予選Q2、今度はルクレール(フェラーリ)がクラッシュ »