« トロ・ロッソ、日本の投資会社とスポンサー契約 | トップページ | メルセデス首脳、「ホンダの復活を歓迎」 »

2019/03/23

跳ね馬初陣ルクレール、チームから高い評価

Ferrari Duo (C)Ferrari S.p.A
拡大します
F1経験わずか1年で、ザウバーからフェラーリへと大抜擢されたシャルル・ルクレール(21歳:モナコ)のオーストラリアGPでの働きについて、チーム首脳は高い評価を与えている。

予選ではフェルスタッペン(レッドブル)にチームメイトとの間に割って入られてしまったが、決勝レースでは終始好走、最終的にもわずかな差で元チャンピオンの僚友に続いて5位フィニッシュを遂げた。

これについてマッティア・ビノット代表は、次のようにその健闘を讃えた。
「ルクレールはわれわれが期待した通りの走りをみせた。
彼は単にいちドライバーとしてでなく、チームプレイヤーとして貢献したんだ。
だからエンジニアらからも評価されているよ。
パフォーマンスとしてはまだフルに発揮したとは言い難く、とりわけ予選などでもっと上に出られたかも知れないが、初陣としては十分に納得できる力強いものだった。
これを良いスタートラインとして、これからの成長に期待を掛けている」

表向きには語られないものの、ルクレールは「チームオーダーを守ってベッテルの後方に甘んじた」と外部からは理解されている。
フィニッシュ時、両者の差は1.121秒という僅差だった。

|

« トロ・ロッソ、日本の投資会社とスポンサー契約 | トップページ | メルセデス首脳、「ホンダの復活を歓迎」 »