« 難航するモンツァ・サーキットの開催契約 | トップページ | F1プロモーター協会、「リバティとの関係に前進」を主張 »

2019/02/04

『アルファロメオR』、ザウバー時代より予算大幅潤沢に

Alfaromeo Racing (C)Sauber Motorsport AG
拡大します
2019年シーズン、スイスのペーター・ザウバー氏が興したプライベートのF1チームは、1993年から続いた『ザウバー』の名前を捨て、新たにアルファロメオ・レーシングとの名称に変更されることになった。

これに伴い同チームはこれまで以上に本家フェラーリとの関係を密にしてF1を戦う見込みだが、それと同時にアルファロメオという自動車メーカーが前に出ることにより、予算の大幅な増大が期待されている。
イタリア・メディアによれば、予算はこれまでより一気に少なくとも2倍には及ぶ、との見方も少なくなく、これに伴い大幅な戦力アップも期待されている。

なおフェラーリとアルファロメオとは同じフィアット/クライスラー・グループに属する近しい関係。
ザウバー・チームの2018年の成績は全10チーム中コンストラクターズ・ランキング8位というものだが、シーズン終盤には明らかに戦闘力を上げていて、その流れが続けば間違いなく今シーズンは目が離せない存在になりそうだ。
2019年のドライバーはキミ・ライコネン&アントニオ・ジョビナッツィというものになる。

|

« 難航するモンツァ・サーキットの開催契約 | トップページ | F1プロモーター協会、「リバティとの関係に前進」を主張 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67659231

この記事へのトラックバック一覧です: 『アルファロメオR』、ザウバー時代より予算大幅潤沢に:

« 難航するモンツァ・サーキットの開催契約 | トップページ | F1プロモーター協会、「リバティとの関係に前進」を主張 »