« 日本のF1テレビ放映、世界に先駈け『4K』に | トップページ | マクラーレン、ブリティッシュ・アメリカン・タバコと契約 »

2019/02/12

『ロキット』会長、「ウィリアムズは最高のパートナー」

Williams Mercedes 『FW42』(C)ROKiT Williams Racing
拡大します
昨年までタイトル・スポンサーを務めていたマルティーニが撤退、その後の運営に懸念が示されていたウィリアムズ・チームだが、11日(月)行われた2019年新型車『FW42』には一新されたカラーリングと共に新しいタイトル・スポンサーである『ロキット』のロゴが誇らしげに大きく描かれていた。

ロキットはアメリカに本拠を置く大手通信会社で、折りしも今季F1が開幕する3月に時を同じくして大々的に事業を展開する計画なのだという。

これについて同社のジョナサン・ケンドリック会長は、「ウィリアムズは最高のパートナー」と、前向き姿勢をみせている。
「この3月にわれわれが始める新たな事業展開とF1ウィリアムズが持つ最高レベルの技術・イメージとは、共に先端レベルのものとして完全に価値を共有するものだ。
今回のパートナーシップがスタートすることは最高にエキサイティングなもの」と、自讃。
具体的には「専用眼鏡の必要がない革新の3D技術」や、「F1環境をレベルアップさせる最新のWi-Fi技術」などが提供されるという。

また伝えられるところでは、ケンドリック氏は昔グッドイヤータイヤで設計の仕事をしていた頃、当時のウィリアムズ・チームとも関わりがあったとのことだ。

|

« 日本のF1テレビ放映、世界に先駈け『4K』に | トップページ | マクラーレン、ブリティッシュ・アメリカン・タバコと契約 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67692391

この記事へのトラックバック一覧です: 『ロキット』会長、「ウィリアムズは最高のパートナー」:

« 日本のF1テレビ放映、世界に先駈け『4K』に | トップページ | マクラーレン、ブリティッシュ・アメリカン・タバコと契約 »