« ジョビナッツィ(アルファロメオ)の初仕事は「最速宅配便」 | トップページ | フェラーリ、「シーズン序盤はベッテルを優先」 »

2019/02/16

マクラーレン、アロンソをリザーブドライバー候補に

Fernando Alonso (C)McLaren Group
拡大します
昨シーズン限りでF1からの引退を表明した元2回のF1チャンピオンであるフェルナンド・アロンソ(37歳:スペイン)だが、再びグランプリのグリッドでその雄姿を見られるかも知れない。

これはマクラーレン・チームのザク・ブロウン/エクゼクティブ・ディレクターが明らかにしたもので、それによればもしチームがリザーブドライバーを必要とした場合、その筆頭候補にアロンソが挙げられるというもの。

同チームには複数の若手が育成候補に名を連ねているが、いずれもまだF1参戦に必要なスーパーライセンスの資格を有していないという内部事情もあるようだ。
ちなみに昨年のランド・ノリス(19歳:イギリス)は、今季立派に同チームのレースドライバーとして「出世」を果たしている。

そのアロンソはいま世界三大レースの残り一つであるインディ500レース制覇に全力を傾注しているようだ。

|

« ジョビナッツィ(アルファロメオ)の初仕事は「最速宅配便」 | トップページ | フェラーリ、「シーズン序盤はベッテルを優先」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン、アロンソをリザーブドライバー候補に:

« ジョビナッツィ(アルファロメオ)の初仕事は「最速宅配便」 | トップページ | フェラーリ、「シーズン序盤はベッテルを優先」 »