« オランダ政府、グランプリ開催支援に否定的姿勢 | トップページ | トロ・ロッソ、2019年新型車『STR14』を発表 »

2019/02/11

フィリップモリス社、「タバコ広告」との疑惑に猛反発

Mission Winnow (C)Ferrari S.p.A

フィリップモリス社は、フェラーリ・チームとのパートナーシップでスタートさせた新たなキャンペーンが、法律で禁じられた「タバコ広告にあたるのではないか」、と指摘されたことに強く反発する姿勢をみせた。

これは『ミッション・ウィノウ』(Mission Winnow)と名付けられたもので、すでに昨シーズンからマシンにロゴが表記、今シーズンからはチーム名にも使われるほど両者が力を入れている。
しかしこれに今季もF1開幕戦の地であるオーストラリア政府が疑義を呈していることが先に伝えられたもの。

これに対しフィリップモリス社のスポークスマンは「ミッション・ウィノウはタバコとはまったく逆の『無煙代替品』を展開するためのキャンペーンであり、これをタバコ広告とするのはまるで当たらない」と、反発する姿勢を強めている。

|

« オランダ政府、グランプリ開催支援に否定的姿勢 | トップページ | トロ・ロッソ、2019年新型車『STR14』を発表 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67688697

この記事へのトラックバック一覧です: フィリップモリス社、「タバコ広告」との疑惑に猛反発:

« オランダ政府、グランプリ開催支援に否定的姿勢 | トップページ | トロ・ロッソ、2019年新型車『STR14』を発表 »