« バルセロナ合同テスト3日目タイム(2/20) | トップページ | ついにホンダパワーが合同テスト最速タイムを記録 »

2019/02/21

F1、2021年からの統一ギヤボックスに向け入札受付開始

Gear Image (C)Honda Racing
拡大します
F1は2021年シーズン、大幅なレギュレーション変更を行うのに合わせ全チームで統一された『共通ギヤボックス』を導入するとしていて、このほどその入札の受付を開始したと伝えられた。

F1では現在エンジンのECU(エンジン・コントロール・ユニット)を全チーム統一のものとし、具体的にはマクラーレン・グループが製作したものがFIA(国際自動車連盟)を通じて各チームに供給されているが、ギヤボックスについてもこれを踏襲する方針。

しかし現代のギヤボックスはそれ自体が走行性能をも左右する高度な機軸であるだけでなく、そのケーシングはサスペンション等にまで影響を及ぼす各車ごとのコンポーネントとなっているため、実際に導入されるのはギヤボックスの内部構造だけになる。

レーシングカーのギヤボックスといえば、以前はヒューランド(イギリス)やZF(ドイツ)など専門メーカーが製作したものを購入するのが一般的手法だった。

|

« バルセロナ合同テスト3日目タイム(2/20) | トップページ | ついにホンダパワーが合同テスト最速タイムを記録 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: F1、2021年からの統一ギヤボックスに向け入札受付開始:

« バルセロナ合同テスト3日目タイム(2/20) | トップページ | ついにホンダパワーが合同テスト最速タイムを記録 »