« ニキ・ラウダ氏(メルセデス)、入院続く | トップページ | ボタス(メルセデス)、母国のスポンサーが見限る? »

2019/01/10

レッドブル首脳、「信頼性不足は戦略でカバー」

Helmut Marko (C)RedBull Racing
拡大します
今シーズン、これまで14年に渡ったルノーから、新たにホンダにスイッチして戦うことが決まっているレッドブル・レーシングだが、心配されるその信頼性について「戦略でカバーできる」ことを示した。

これは同陣営でレーシング・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコ博士が次のように語ったもの。

「ホンダにとって、現状最も直面しているのが信頼性の問題だと思う。
だからおそらくわれわれはレギュレーション通りに3基のエンジンでシーズンを乗り切るというのは難しいことだろう。
ただそれはあくまでも戦略によってかなりカバーできるものだ。
ダメージの少ないコースを選択すれば、数周で遅れを取り戻すことだって可能な筈だ。
とはいえホンダにはなるべく早い段階で、われわれがこんな苦労をしないで済むよういいエンジンを準備して欲しいものだがね」

まずその初戦となる開幕オーストラリアGPは3月17日(金)にスタートする。

|

« ニキ・ラウダ氏(メルセデス)、入院続く | トップページ | ボタス(メルセデス)、母国のスポンサーが見限る? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67575666

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル首脳、「信頼性不足は戦略でカバー」:

« ニキ・ラウダ氏(メルセデス)、入院続く | トップページ | ボタス(メルセデス)、母国のスポンサーが見限る? »