« ランド・ノリス、「自分がマクラーレンを再生する」 | トップページ | ピエロ・フェラーリ氏、「今回もお家騒動繰り返し」 »

2019/01/14

フェルスタッペン(レッドブル)、『社会奉仕』を消化

Image (C)Redbull Racing
拡大します
昨年のブラジルGPで起きたアクシデントを原因に、相手のエステバン・オコン(当時フォース・インディア)に対し暴力を振るったとして2日間の『社会奉仕活動』が義務付けられたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が、その一部としてモロッコで行われたフォーミュラEレースをオブザーバとして見学した。

これはフォーミュラEレースが「FIAが取る教育的、また学習的アプローチの一環としてトップレベルの国際的モータースポーツイベントである」として間近で見学することを命じたもの。

フェルスタッペンは「とても有意義な体験だった」と自讃しているが、もう1日間の『社会奉仕』についてはまだ明らかにされていないとした。

|

« ランド・ノリス、「自分がマクラーレンを再生する」 | トップページ | ピエロ・フェラーリ氏、「今回もお家騒動繰り返し」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67589011

この記事へのトラックバック一覧です: フェルスタッペン(レッドブル)、『社会奉仕』を消化:

« ランド・ノリス、「自分がマクラーレンを再生する」 | トップページ | ピエロ・フェラーリ氏、「今回もお家騒動繰り返し」 »