« フェラーリ、マッティア・ビノット新代表の就任を発表 | トップページ | パスカル・ウェーレイン、今季フェラーリの開発ドライバーに »

2019/01/09

メルセデス、「人気低下」という『王者の悩み』

Mercedes Team (C)Mercedes Motorsports
拡大します
2014年の大幅F1ルール改定以来、ドライバーズ・チャンピオンシップ、コンストラクターズ・チャンピオンシップ共にこの5年間タイトルを独占する強さのメルセデスAMGチームだが、王者がゆえの悩みがあるようだ。

これはメルセデス・モータースポーツのトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターが英ロイターに対し次のように語ったもの。

「冷静にみて、われわれは他チームとはレベルの違うところに達したんだと思う。
それはもちろんわれわれ全員が望んで勝ち得たものであるし、目標を達成したことになる。
この2年間はフェラーリがライバルとして迫ってきたが、それでもまだわれわれに優位はあった。
とはいえこの状態は必ずしも好ましい状態という訳ではない。
なぜならファンはいつだって弱者を応援したがるものだからね。
弱者が常勝軍団を打ち破るというのは、いつの時代においても楽しいストーリーなんだ。
われわれは決しておごることなく、常に謙虚で控え目でなければならないよ」

|

« フェラーリ、マッティア・ビノット新代表の就任を発表 | トップページ | パスカル・ウェーレイン、今季フェラーリの開発ドライバーに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67569842

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデス、「人気低下」という『王者の悩み』:

« フェラーリ、マッティア・ビノット新代表の就任を発表 | トップページ | パスカル・ウェーレイン、今季フェラーリの開発ドライバーに »