« フェルスタッペン(レッドブル)、「タイトル争いは2020年から」 | トップページ | ライコネン、「ザウバーなら純粋なレースが出来る」 »

2019/01/05

ダニエル・リカルド、「ルノー移籍は最善の選択」

Renault Team motorhome (C)Renault F1 UK
拡大します
多くのパドック雀の予想を裏切り、ほぼ約束されたレッドブル・レーシング残留の道を蹴ってルノー・チーム移籍という驚きの判断をしたダニエル・リカルド(29歳:オーストラリア)について、次のように本人がその正当性を強調している。

「もちろんレッドブルに留まるというのが一番安定した選択だったろう。
他にマクラーレンからも積極的なアプローチをもらったが、僕はルノー・チームの再建という課題に立ち向かうことを選んだ。
幸いチームメイトのヒュルケンバーグにはルノーでの多くの経験を重ねたベテランだ。
このチームには未来がある。最善の選択なんだ。
彼と僕との経験とを合わせ、ルノー・チームの再生を共に実現させたいと思っているんだ」

伝えられるところでは、当初メルセデスAMGチーム移籍の可能性を探ったとされるリカルドだが、残念ながら折り合いを付けることはできなかったようだ。

|

« フェルスタッペン(レッドブル)、「タイトル争いは2020年から」 | トップページ | ライコネン、「ザウバーなら純粋なレースが出来る」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67555106

この記事へのトラックバック一覧です: ダニエル・リカルド、「ルノー移籍は最善の選択」:

« フェルスタッペン(レッドブル)、「タイトル争いは2020年から」 | トップページ | ライコネン、「ザウバーなら純粋なレースが出来る」 »