« メルセデスAMGの2019年エントリー料、5億3千万円 | トップページ | ポールリカール、路面改修終える »

2019/01/24

F1、予算上限制限案に前進

Image (C)Mercedes Motorsport
拡大します
かねてF1の大きな問題となっているコスト削減問題について、前進がみられたとイタリアの専門紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』らが報じている。

それによればこのほど今年第1回目のF1ストラテジーグループの会議がスイスのジュネーブで行われ、そこで新たな削減案が俎上に上げられ、チーム側からは前向きの評価が得られたという。
具体的には、現行のコンコルド協定が終了しレギュレーションが変更される2021年にまず上限を1億8,500万ドル(約203億円)に、翌2022年には1億6,000万ドル(約176億円)、さらに3年目の2023年には1億3,500万ドル(約149億円)にまで減額しようとするもの。

新たな提案には上位の有力チームがいずれも賛同の意向を示しているとされ、実現の可能性は高そうだ。

|

« メルセデスAMGの2019年エントリー料、5億3千万円 | トップページ | ポールリカール、路面改修終える »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67620687

この記事へのトラックバック一覧です: F1、予算上限制限案に前進:

« メルセデスAMGの2019年エントリー料、5億3千万円 | トップページ | ポールリカール、路面改修終える »