« ミック・シューマッハのマネージメントはN.トッド氏に | トップページ | ルノー・チーム、周 冠宇(中国)を開発ドライバーに »

2019/01/23

イギリスのEU(欧州連合)離脱、F1に影響の懸念

EU(欧州連合)からの離脱交渉が難航しているイギリスだが、これがF1にも深刻な影響を与えかねないとして懸念が示されている。
これはかつて自身もF1で活躍し、現在はモータースポーツUKの責任者でもあるデビッド・リチャーズ氏が英国の『オートスポーツ・インターナショナル・ショー』会場で明らかにしたもの。

それによれば同氏は、現在懸念されているような『合意なきEU離脱』が現実のものになった場合、チームの多くがイギリスに拠点を置いているF1でも通関や物流などさまざまな影響があり、円滑なレース活動に深刻な影響が出かねないというもの。

現在10チームあるF1チームのうち、実に7チームが事実上イギリス国内に拠点を置いているとされている。

|

« ミック・シューマッハのマネージメントはN.トッド氏に | トップページ | ルノー・チーム、周 冠宇(中国)を開発ドライバーに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67617792

この記事へのトラックバック一覧です: イギリスのEU(欧州連合)離脱、F1に影響の懸念:

« ミック・シューマッハのマネージメントはN.トッド氏に | トップページ | ルノー・チーム、周 冠宇(中国)を開発ドライバーに »