« ルノー・チーム、周 冠宇(中国)を開発ドライバーに | トップページ | F1、予算上限制限案に前進 »

2019/01/23

メルセデスAMGの2019年エントリー料、5億3千万円

Mercedes AMG Team (C)Mercedes Motorsport
拡大します
非公式ながら、各チームがFIA(国際自動車連盟)に支払うエントリー料の詳細が明らかとなった。
それによればエントリー料の総額は1,740万ドル(約19億1千万円)、チーム別の最高額はメルセデスAMGチームの約5億3千万円というもの。

エントリー料はまず基本料金(固定)が約6千万円。
これに加え前シーズンに獲得したポイント数に応じて加算が行われる。
ただ1位のメルセデスは2位以下のフェラーリらに比べ割高の加算金となっている。
なおレーシング・ポイントには前身のフォース・インディアのものは入っていない。

各チームによる2019年エントリーフィーは以下の通り。

メルセデス:約5億3千万
フェラーリ:約4億円
レッドブル:約3億1千万円
ルノー:約1億3千万円
ハース:約1億2千万円
マクラーレン:約9千万円
レーシング・ポイント:約9千万円
ザウバー:約9千万円
トロロッソ:約8千万円
ウイリアムズ:約6千万円

|

« ルノー・チーム、周 冠宇(中国)を開発ドライバーに | トップページ | F1、予算上限制限案に前進 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67619765

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデスAMGの2019年エントリー料、5億3千万円:

« ルノー・チーム、周 冠宇(中国)を開発ドライバーに | トップページ | F1、予算上限制限案に前進 »