« ステファーノ・ドメニカリ氏、フェラーリ復帰の噂 | トップページ | セバスチャン・ブエミ、2019年もレッドブルのリザーブに »

2019/01/16

「2019年は勢力図変わる」と、メルセデス首脳警戒

Start Scene (C)Ferrari S.p.A
拡大します
2014年のF1レギュレーション改定以来、王者の貫禄を欲しいままにしてきたメルセデスAMGチームだが、各社エンジンの熟成、そして新たにエアロダイナミックス関連のルールも変更されることから2019年は予断を許さないと警戒感を強めている。

メルセデス・モータースポーツのトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターは、「2019年はこれまでとは大きくF1勢力図が変わる可能性がある。
特にホンダは明らかにその戦闘力を向上させてきているようだ。
レッドブルのシャシーとの組み合わせになることだし、新しい空力規則とマッチすれば警戒すべき存在になることだろう。
われわれも決して安閑としてはいられないよ」と、引き締め。

これまでのF1でも、ルール改正はしばしば勢力図が一変するきっかけになった経緯がある。

|

« ステファーノ・ドメニカリ氏、フェラーリ復帰の噂 | トップページ | セバスチャン・ブエミ、2019年もレッドブルのリザーブに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67593016

この記事へのトラックバック一覧です: 「2019年は勢力図変わる」と、メルセデス首脳警戒:

« ステファーノ・ドメニカリ氏、フェラーリ復帰の噂 | トップページ | セバスチャン・ブエミ、2019年もレッドブルのリザーブに »