« ルノー・スポール首脳、「予選モードで上位とパワー差」 | トップページ | ベッテル(フェラーリ)、タイトルに向け「課題わかってる」 »

2018/12/10

八郷社長(ホンダ)、レッドブルとのコンビに意欲示す

八郷隆弘社長 (C)Honda Racing
拡大します
9日(日)鈴鹿サーキットで行われた恒例の『ホンダ・レーシング・サンクスデー2018』で、本田技研工業の八郷隆弘社長が来年スタートするレッドブル・レーシングとのパートナーシップの成功に強い意欲を示した。

昨年マクラーレン・チームとの3年間の契約に終止符を打ったホンダは今年新たにスクーデリア・トロ・ロッソと組んだ。
ランキングでは9位と振るわなかったものの、PU(パワーユニット)は着実に進化したとみられている。
来季は確実に優勝できるだけのマシンとドライバーを持つレッドブル・レーシングとのパートナーシップということで、復帰後の初優勝、少なくとも表彰台に上がることが期待されているところだ。

八郷隆弘社長は「頂点を目指して努力していく」と、明言した。

|

« ルノー・スポール首脳、「予選モードで上位とパワー差」 | トップページ | ベッテル(フェラーリ)、タイトルに向け「課題わかってる」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67467958

この記事へのトラックバック一覧です: 八郷社長(ホンダ)、レッドブルとのコンビに意欲示す:

« ルノー・スポール首脳、「予選モードで上位とパワー差」 | トップページ | ベッテル(フェラーリ)、タイトルに向け「課題わかってる」 »