« バンドーン(マクラーレン)、「再度、F1復帰目指す」 | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、ドライバー投票でも1位に »

2018/12/27

レッドブル代表、空力変更によるコスト増大懸念

Redbull 『RB14』 (C)RedBull Racing
拡大します
来シーズン、F1はフロント関連のエアロダイナミックス・パーツについて大幅なルール変更を予定している。
これは前車の背後に付いた時に起こる挙動の不安定さを減少させ、オーバーテイクを容易にしようとする狙いで設けられるものだが、これについてレッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表は次のような懸念を示している。

「スポーツを長続きさせ定着したものにするには、ルールの安定が不可欠だ。
安易にルールを変更することは、チームによって解釈の疑義を生じさせ、混乱を招く。
いくつかのチームはそれによって躍進するが、いくつかのチームは競争から脱落することになりかねない。
なにより、空力に関する新たな試みはその開発に莫大な資金が必要とされるんだ。
私は今回の変更にも疑問を持っているね」

レッドブルのシャシーは現況でベストのものとも言われていて、そうした立場からは今回の見解は当然のことだろう。
なお今回の変更はフロントウイング、バージボード、ブレーキダクトさらにリヤウイング等まで空力エリアの大部分に及ぶものとなる。

|

« バンドーン(マクラーレン)、「再度、F1復帰目指す」 | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、ドライバー投票でも1位に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67523010

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル代表、空力変更によるコスト増大懸念:

« バンドーン(マクラーレン)、「再度、F1復帰目指す」 | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、ドライバー投票でも1位に »