« C.ホーナー代表(レッドブル)、「マシンは強力なものだった」 | トップページ | ボタス(メルセデス)、「キャリア最悪のシーズンだった」 »

2018/12/25

メルセデス首脳、「新たなメーカー参入必要なし」

Toto Wolff (C)Mercedes Motorsports
拡大します
F1の新たなオーナーとなったリバティ・メディアは、2021年のレギュレーション改訂を機に新たなエンジン・メーカーによる新規参入を狙っていたが、結局目途が立たないままに終わっている。
これを受け、メルセデス・モータースポーツのトト・ウォルフ/エクゼクティブ・ディレクターは次のように牽制している。

「そもそも第4のエンジン・メーカーがなぜ必要なんだ。
さらに第5、第6のメーカーがあればなお良いというのか。
必要なのはエンジン・メーカーの数ではなく、より魅力的で安価なものの筈だろう。
政治的な解決ではなく、経済的なメリットが求められているんだよ」

2019年はメルセデスとフェラーリ・チームがそれぞれ3チームずつ、またルノーとホンダがそれぞれ2チームずつという勢力図になっている。
期待された2021年の新規参入チームはいまのところ現れていない。

|

« C.ホーナー代表(レッドブル)、「マシンは強力なものだった」 | トップページ | ボタス(メルセデス)、「キャリア最悪のシーズンだった」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メルセデス首脳、「新たなメーカー参入必要なし」:

« C.ホーナー代表(レッドブル)、「マシンは強力なものだった」 | トップページ | ボタス(メルセデス)、「キャリア最悪のシーズンだった」 »