« マグヌッセン、「今年のハースには逆風が強すぎた」 | トップページ | バンドーン(マクラーレン)、「再度、F1復帰目指す」 »

2018/12/26

ロス・ブラウン氏、「グリッド最後尾でも予選重要」

Grid Image (C)Ferrari S.p.A
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は2019年シーズンに向け変更したレギュレーションで、今年しばしばみられたPU(パワーユニット)関連のコンポーネンツ交換によるグリッド降格ペナルティ重なった場合、最大でも15グリッド降格までとした。
ただその場合、来シーズンは同じ最後尾ペナルティのクルマが複数出た場合、「予選グリッドの順」でそれぞれの位置が決定されることとされている。

これについてF1のロス・ブラウン/モータースポーツ・ディレクターは、「たとえグリッド最後尾のペナルティを科せられたとしても、それでも予選は重要なファクターになる」と、その『効果』を自讃している。
2018年は、全20台なのに60グリッド降格などという非現実なペナルティが話題になった。

|

« マグヌッセン、「今年のハースには逆風が強すぎた」 | トップページ | バンドーン(マクラーレン)、「再度、F1復帰目指す」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67520726

この記事へのトラックバック一覧です: ロス・ブラウン氏、「グリッド最後尾でも予選重要」:

« マグヌッセン、「今年のハースには逆風が強すぎた」 | トップページ | バンドーン(マクラーレン)、「再度、F1復帰目指す」 »