« C.ホーナー代表(レッドブル)、「マシンは強力なものだった」 | トップページ | メルセデス首脳、「新たなメーカー参入必要なし」 »

2018/12/25

マクラーレン、『コカコーラ』と本格スポンサー交渉

Coca Cola (C)McLaren Group
マクラーレン・チームが、『コカコーラ』社と来シーズン以降のスポンサーシップについて本格的な交渉を行っていることを認めた。

アメリカを発祥の地として現在もジョージア州に本拠を置くコカコーラ社は清涼飲料のメーカーとして世界有数の巨大企業。
モータースポーツへの支援も例が多く、F1でもしばしばその名前が挙がる常連でもある。
マクラーレン・チームとは今シーズン終盤の数戦において、傘下のサブ・ブランドで小規模なスポンサー契約を結んだ経緯がある。

マクラーレンのザク・ブロウン/エクゼクティブ・ディレクターは「今年行われたコカコーラとのスポンサーシップは素晴らしいものだった。
われわれはぜひとも来シーズンに向けてさらに拡大させたいと思っている」と、進展に意欲をみせた。
このところの戦績不調で同チームからは複数のスポンサーが離れたと伝えられていて、財政面からも大きな期待が掛かるようだ。

|

« C.ホーナー代表(レッドブル)、「マシンは強力なものだった」 | トップページ | メルセデス首脳、「新たなメーカー参入必要なし」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67516255

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン、『コカコーラ』と本格スポンサー交渉:

« C.ホーナー代表(レッドブル)、「マシンは強力なものだった」 | トップページ | メルセデス首脳、「新たなメーカー参入必要なし」 »