« 王者ハミルトン(メルセデス)、2019年マシンのシート合わせ | トップページ | レッドブル、いよいよエイドリアン・ニューイ氏が参画か »

2018/12/18

モンツァ・サーキット改修案にバンクの復活も

Monza/Bank (C)Williams F1
拡大します
イタリアGPの開催地として知られるモンツァ・サーキットは、先に総額130億円にも達する大規模な施設改修計画を示したが、その中には当初紹介されたシケインの改修、コーナーの拡幅、そしてグランドスタンドの新設等に加え、名物である旧バンクの復活案も含まれていることがわかった。

モンツァ・サーキットは本来全長5.5キロのロードコースと一周4.5キロのオーバルコースがあって両者が組み合わされていたもの。
しかしバンクは危険度が高く事故が多発したとして1961年の死傷事故を最後にF1では使用されていない。

改修でどのようにバンク部分を採り入れるかは不明だが、実現した場合おそらく全グランプリコースの中で最長となる見込みだ。

|

« 王者ハミルトン(メルセデス)、2019年マシンのシート合わせ | トップページ | レッドブル、いよいよエイドリアン・ニューイ氏が参画か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67492682

この記事へのトラックバック一覧です: モンツァ・サーキット改修案にバンクの復活も:

« 王者ハミルトン(メルセデス)、2019年マシンのシート合わせ | トップページ | レッドブル、いよいよエイドリアン・ニューイ氏が参画か »