« アロンソのインディ500再挑戦はシボレー・パワーで | トップページ | 2019年、ルノー・チームは正式名『ルノーF1チーム』に »

2018/12/06

レッドブル・レーシング、『タグホイヤー』のバッジ終了

TAG Heuer (C)RedBull Racing
拡大します
レッドブル・レーシングでは2016年シーズンからスイスの大手時計メーカー『タグホイヤー』とスポンサー契約を結び、搭載するルノー・エンジンに同社のバッジを付け、エントリー名を『レッドブル・タグホイヤー』としてきたが、来季ホンダ製パワーユニットにスイッチすることにより3年間に渡ったネーミングライツを終了することを明らかにした。

ただ、レッドブル・レーシングへのスポンサーシップは引き続き継続、同チームの計時システムを担当するとのこと。

なお先にFIA(国際自動車連盟)から発表された2019年のエントリーリストによれば、同チームは『レッドブル・レーシング・ホンダ』となっている。

|

« アロンソのインディ500再挑戦はシボレー・パワーで | トップページ | 2019年、ルノー・チームは正式名『ルノーF1チーム』に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67451877

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル・レーシング、『タグホイヤー』のバッジ終了:

« アロンソのインディ500再挑戦はシボレー・パワーで | トップページ | 2019年、ルノー・チームは正式名『ルノーF1チーム』に »