« ウィリアムズ、ポーランドの企業とスポンサー契約 | トップページ | ハースF1、アブダビGPでの裁定について控訴せず »

2018/12/01

ロス・ブラウン/MSディレクター、F1の現況を憂慮

Race Scene (C)Williams F1
拡大します
F1を管理するロス・ブラウン/モータースポーツ・ディレクターは、現在の「3強7弱」というF1のパワー・バランスに強い危機感を持っていることを明らかにした。

「現在F1には10のチームが参戦しているが、実際には限られた3つのチームだけがほぼ表彰台を独占していて、まるで2つのカテゴリーのクルマが同走しているようだ。
これにはもちろんチーム側の問題もあるが、FIA(国際自動車連盟)にも責任はある。
共に解決に向けて改善を図っていかなくてはならない重要な課題なんだ。
現在いくつかの解決策が検討されている。
F1の未来はそれに掛かっていると言えるだろう」と、ブラウン氏はデンマークのタブロイド紙『エクストラ・ブラデ』で訴えた。

F1はそうしたことも含め、大幅なレギュレーション改訂を図っているものの、利害関係が絡みすべての同意を得るのは難航しているようだ。

|

« ウィリアムズ、ポーランドの企業とスポンサー契約 | トップページ | ハースF1、アブダビGPでの裁定について控訴せず »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67434403

この記事へのトラックバック一覧です: ロス・ブラウン/MSディレクター、F1の現況を憂慮:

« ウィリアムズ、ポーランドの企業とスポンサー契約 | トップページ | ハースF1、アブダビGPでの裁定について控訴せず »