« メルセデスAMGチーム&ハミルトン、FIA年間表彰式に | トップページ | ルノー・スポール首脳、「予選モードで上位とパワー差」 »

2018/12/10

FIA(国際自動車連盟)、ハロー・システムの効果自讃

FIA Shield Cockpit (C)Ferrari S.p.A
拡大します
FIA(国際自動車連盟)は、F1に導入されたハロー・システム(頭部保護装置)の効果について、あらためて有効であるところを強調した。

これは今年のベルギーGPで起きたシャルル・ルクレール(ザウバー)のアクシデントについて検証した結果を報告したもの。
それによればもしハローがなかった場合、事故で乗り上げたアロンソ(マクラーレン)のマシンのフロントノーズの一部がルクレールのバイザー部分に接触した可能性があり、結果的にハローが事故被害の防止に大きく寄与したと分析した。
そしてもし保護装置がハローでなく、対案として検討されているエアロスクリーンのようなものだった場合、防御効果は10分の一程度だったとも示した。

これによりFIAはハロー・システムの効果に自信をみせており、今後F2など他のカテゴリーでも採用を拡大していきたいとしている。

|

« メルセデスAMGチーム&ハミルトン、FIA年間表彰式に | トップページ | ルノー・スポール首脳、「予選モードで上位とパワー差」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67465003

この記事へのトラックバック一覧です: FIA(国際自動車連盟)、ハロー・システムの効果自讃:

« メルセデスAMGチーム&ハミルトン、FIA年間表彰式に | トップページ | ルノー・スポール首脳、「予選モードで上位とパワー差」 »