« 舌禍のハミルトンに、故郷サッカー試合観戦の招待 | トップページ | マクラーレン、『コカコーラ』と本格スポンサー交渉 »

2018/12/24

C.ホーナー代表(レッドブル)、「マシンは強力なものだった」

Daniel Ricciardo (C)Redbull Racing
拡大します
今季、ルノー製パワーユニットを搭載して4勝を挙げたレッドブル・レーシングだが、マシンは強力ながら、しかし弱点はそのエンジンにあったと主張している。
これは同チームのクリスチャン・ホーナー代表(レッドブル)がイギリスの専門誌『オートスポーツ』を通じ、次のように語ったもの。

「今シーズンを振り返れば、われわれの『RB14』が最強のマシンだったと言える。
なぜならわれわれが強さをみせたのは、いずれもパワー・サーキットではなかったからだ。
それらのレースではシャシーの戦闘力で勝利を掴むことができたが、それはロー・ダウンフォースでも性能を失わなかったことで証明される。
その一方、パワー・サーキットではスピードを示すことができず、マシントラブルでフィニッシュできなかったレースも数多くあった。
これらはそのほとんどがエンジン関連のものだったことを考えなければならない」

とりわけダニエル・リカルドのマシンは2勝はしたもののリタイヤは実に8回の多きに渡った。

|

« 舌禍のハミルトンに、故郷サッカー試合観戦の招待 | トップページ | マクラーレン、『コカコーラ』と本格スポンサー交渉 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67515351

この記事へのトラックバック一覧です: C.ホーナー代表(レッドブル)、「マシンは強力なものだった」:

« 舌禍のハミルトンに、故郷サッカー試合観戦の招待 | トップページ | マクラーレン、『コカコーラ』と本格スポンサー交渉 »