« ベッテル(フェラーリ)、タイトルに向け「課題わかってる」 | トップページ | ハートリー(前トロ・ロッソ)は来季ポルシェ・チームに »

2018/12/11

2019年、F1放映に『AI(人工知能)』を導入へ

Pitstop Scene (C)Haas F1 Team
拡大します
F1でモータースポーツ担当取締役を務めるロス・ブラウン氏は、2019年のF1テレビ放映に最新の『AI(人工知能)』を導入する方針を明らかにした。

それによれば『AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)』と提携した『F1インサイツ』シリーズの一環として新しい大量のレース中テレビ用グラフィックスを展開、これによりレース中のマシンの状況など視聴者が具体的に体感できるようになるとのこと。
実際には、ドライバーが感じるマシンの不調やタイヤの状況などがあたかもコクピットにいるように感じられるということだ。

グランプリ開催数こそ史上最多を続けているF1だが、観客数や視聴者数は必ずしも期待通りに伸びておらず、ロス・ブラウン氏としても魅力の改善を迫られているのが現実だ。

|

« ベッテル(フェラーリ)、タイトルに向け「課題わかってる」 | トップページ | ハートリー(前トロ・ロッソ)は来季ポルシェ・チームに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67468359

この記事へのトラックバック一覧です: 2019年、F1放映に『AI(人工知能)』を導入へ:

« ベッテル(フェラーリ)、タイトルに向け「課題わかってる」 | トップページ | ハートリー(前トロ・ロッソ)は来季ポルシェ・チームに »