« ベッテル(フェラーリ)、「来季ルクレールともうまくやれる」 | トップページ | エクレストン氏、シルバーストーン・サーキット買収を試み »

2018/12/12

ピレリタイヤ、2019年シーズンは『新命名システム』に

Pirelli 2019 Tyre (C)Pirelli Motorsport
2019年シーズンもF1に独占供給するピレリタイヤは、これまでのタイヤ名称を抜本的に改編することを明らかにした。

それによればこれまでハード、ミディアム、ソフト、スーパーソフト、ハイパーソフトと区分されていた5種類のタイヤを、C1(コンパウンド1)からC5(コンパウンド5)までの名称に変更。
この中からレース毎に3種類のタイヤが選択され、それぞれハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)とされる。
つまりコンパウンドは変わるが名称は各レースで常に同じということになる。

また今シーズンのものよりも全体に堅い方向にシフトされ、ハイパーソフトは実質的に廃止になるということだ。
ちなみに開幕戦オーストラリアGPでは予選がC4、決勝レースはC2とC3の2種類が指定されている。

|

« ベッテル(フェラーリ)、「来季ルクレールともうまくやれる」 | トップページ | エクレストン氏、シルバーストーン・サーキット買収を試み »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67471840

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリタイヤ、2019年シーズンは『新命名システム』に:

« ベッテル(フェラーリ)、「来季ルクレールともうまくやれる」 | トップページ | エクレストン氏、シルバーストーン・サーキット買収を試み »