« F1チーム、Q2タイヤでの決勝レーススタートに異論 | トップページ | フェラーリ・チームの2019年新型車発表は2月15日に »

2018/12/14

モンツァ・サーキット、総額130億円の施設改修計画

Monza/Bank (C)Williams F1
拡大します
イタリアGPの開催地として知られるモンツァ・サーキットが、総額130億円もの施設改修計画を提示したことが明らかとなった。

FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)との間で調印した同グランプリの現在の開催契約は2019年までとなっている。
今回の計画はその後の契約でリバティ・メディアが要求するレベルに改修するためのもので、その内容にはシケインの改修、コーナーの拡幅、そしてグランドスタンドの新設等が含まれるとのことだ。

モンツァ・サーキットは、イギリスGPと並び1950年のF1黎明期から続く伝統のグランプリで、1980年の一戦(イモラ)を除きそのすべてがここモンツァを舞台に行われてきた偉大な地。
ただF1世界戦略を進めるリバティ・メディアにはそのような感傷は通じないとみられる。

|

« F1チーム、Q2タイヤでの決勝レーススタートに異論 | トップページ | フェラーリ・チームの2019年新型車発表は2月15日に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67482007

この記事へのトラックバック一覧です: モンツァ・サーキット、総額130億円の施設改修計画:

« F1チーム、Q2タイヤでの決勝レーススタートに異論 | トップページ | フェラーリ・チームの2019年新型車発表は2月15日に »