« オランダでもグランプリ開催計画が進捗 | トップページ | アロンソ(マクラーレン)、NASCARマシンを初テストへ »

2018/11/04

「失言事件」の後始末に追われるリカルド(レッドブル)

Daniel Ricciardo (C)Redbull Racing
拡大します
レッドブル・レーシングのダニエル・リカルド(29歳:オーストラリア)が、自身が起こした「失言事件」の後始末に追われている。

というのも、このところマシントラブルなどが続いていたところ、メキシコGPでは予選でポールポジションを獲得しながらも肝心の決勝レースでストップしたことから「僕のマシンには厄が憑いている」として、その不幸は「ピエール・ガスリーに引き継いでもらう」と広言したもの。
ところがリカルド自身は翌年自分の後任として加入するガスリーに、という意味だったと釈明するが、周辺では今シーズン残り2戦の出走を拒絶したものと捉えられてしまった。

メディアがこれを報道したことから騒動は拡大。
リカルドは「残りのグランプリもレッドブルで戦うのが僕の仕事。
シーズンが終わるまで仕事を全うするよ」と、釈明に余念が無い。
万一ほんとうに参戦を拒否した場合、多額の違約金が発生するのは間違いないところだ。

|

« オランダでもグランプリ開催計画が進捗 | トップページ | アロンソ(マクラーレン)、NASCARマシンを初テストへ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67344190

この記事へのトラックバック一覧です: 「失言事件」の後始末に追われるリカルド(レッドブル):

« オランダでもグランプリ開催計画が進捗 | トップページ | アロンソ(マクラーレン)、NASCARマシンを初テストへ »