« エリクソン(ザウバー)、来季はインディカー・シリーズ参戦へ | トップページ | エリクソン、来季ザウバー・チームのリザーブも兼任 »

2018/11/01

フェルスタッペン優勝の原動力は『怒り』から

Max Verstappen (C)Redbull Racing
拡大します
予選2番手からスタートすると1周目から首位に立ち、そのままメキシコGPを制したレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペン(21歳:オランダ)だが、そのパワーの原動力は僚友ダニエル・リカルドへの『怒り』であったことが伝えられた。

そう明かすのはマックスの父親で、やはり元F1ドライバーだったヨス・フェルスタッペン(46歳:オランダ)氏で、次のようにその背景を説明している。

「息子はポールを逃がした土曜日の夜、眠れなかったと言ってたよ。
それまですべてのセッションで最速タイムを記録していながら、肝心の予選でリカルドに負けてしまったんだからね。
彼は自分自身にも苛立っていたが、とりわけリカルドの振る舞いに腹を立てていたようだ。
ポールポジションを獲得したリカルドはみごとだが、必要以上にその喜びを爆発させていた。
それはまるで息子を挑発するようにね。
そうしたことへの怒りが日曜日のレースでの走りの原動力になったと思っているよ」

これまでのF1最年少ポール記録はベッテル(フェラーリ)の持つ21歳72日というもの。
フェルスタッペンがポールを獲れば、この記録を更新する歴史的なもの(21歳27日)になる最後のチャンスだった。

|

« エリクソン(ザウバー)、来季はインディカー・シリーズ参戦へ | トップページ | エリクソン、来季ザウバー・チームのリザーブも兼任 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67331439

この記事へのトラックバック一覧です: フェルスタッペン優勝の原動力は『怒り』から:

« エリクソン(ザウバー)、来季はインディカー・シリーズ参戦へ | トップページ | エリクソン、来季ザウバー・チームのリザーブも兼任 »