« ライコネン(フェラーリ)も白線カットで戒告ペナルティ | トップページ | ハースF1のフォース・インディアに対する異議申し立て却下 »

2018/11/25

グロージャン&ガスリーの接触事故はお咎めなしに

FIA
アブダビGPのレーススチュワード(審査委員)は、24日(土)行われたフリー走行3回目セッションで起きたグロージャン(ハース)とガスリー(トロ・ロッソ)との接触事故についてセッション終了後の審議対象としていたが、スチュワードはビデオ映像とテレメトリー等を確認した結果、通常のインシデント(出来事)であるとしてペナルティ等を科さないことを明らかにした。

ただこのケースはスロー走行していたグロージャンがレーシングラインに留まっていて起きたもので、グロージャンはセッション終了後にトロ・ロッソのガレージに趣いて謝罪している。

|

« ライコネン(フェラーリ)も白線カットで戒告ペナルティ | トップページ | ハースF1のフォース・インディアに対する異議申し立て却下 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67416027

この記事へのトラックバック一覧です: グロージャン&ガスリーの接触事故はお咎めなしに:

« ライコネン(フェラーリ)も白線カットで戒告ペナルティ | トップページ | ハースF1のフォース・インディアに対する異議申し立て却下 »