« リバティ・メディア、「F1は魅力を活かしきっていない」 | トップページ | メルセデスAMGチーム、『オン・セミコンダクター』と契約 »

2018/11/19

山本尚貴、スーパーライセンスの受給資格獲得

山本 尚貴 (C)Honda Racing
拡大します
今季日本のスーパー・フォーミュラとスーパーGT両シリーズでチャンピオンを獲得したホンダ系ドライバーである山本尚貴(30歳)が、F1出場に必要なスーパーライセンスの受給資格を得たことが明らかとなった。

スーパーライセンス獲得には過去3年間において指定されたシリーズでトータル40ポイント以上が必要だが、山本尚貴はスーパー・フォーミュラで20ポイント、スーパーGTで15ポイント、そして2016年・2017年のそれぞれ3ポイントずつと会わせトータル41ポイントに達したもの。
スーパーGTでチームメイトであるジェンソン・バトンも「F1を走るレベルにある」と、太鼓判を押すが、ただ山本尚貴はすでに30を越え、結婚して子供もいるためこれからF1を目指すことには消極的ではないかとみる向きもある。

なおホンダがスーパーライセンス獲得を目指しF2に送り込んだ牧野任祐、福住仁嶺ら期待の若手ドライバーはいずれも今季下位に低迷した。

|

« リバティ・メディア、「F1は魅力を活かしきっていない」 | トップページ | メルセデスAMGチーム、『オン・セミコンダクター』と契約 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67392727

この記事へのトラックバック一覧です: 山本尚貴、スーパーライセンスの受給資格獲得:

« リバティ・メディア、「F1は魅力を活かしきっていない」 | トップページ | メルセデスAMGチーム、『オン・セミコンダクター』と契約 »