« アブダビGPフリー3回目、ハミルトン(メルセデス)が最速 | トップページ | アブダビGP予選Q2、ハミルトン(メルセデス)最速 »

2018/11/24

アブダビGP公式予選Q1、トロ・ロッソ・ホンダ勢敗退

23日(土)17時(日本時間:22時)からヤス・マリーナ・サーキットを舞台に今季F1最終戦アブダビGPの公式予選Q1が始められた。
18分間で争われるここでは全20台中、下位の5台がノックアウトとなる。
セッション開始時の天候は晴れ、気温は29度、路面温度は33度、路面はドライコンディションとなっている。

トップタイムはベッテル(フェラーリ)で1'36.775。
以下、ボタス(メルセデス)、ハミルトン(メルセデス)、オコン(フォース・インディア)、ライコネン(フェラーリ)、ルクレール(ザウバー)、フェルスタッペン(レッドブル)、ペレス(フォース・インディア)、そしてヒュルケンバーグ(ルノー)の順。
トロ・ロッソ・ホンダはハートリー16番手、ガスリー17番手。
マクラーレンはアロンソが14番手でQ2進出したもののバンドーンは18番手で敗退した。
ガスリーのマシンは最後にトラブルに見舞われた模様。

ここでの敗退はハートリー(トロ・ロッソ)、ガスリー(トロ・ロッソ)、バンドーン(マクラーレン)、シロトキン(ウィリアムズ)、ストロール(ウィリアムズ)の5台となった。

|

« アブダビGPフリー3回目、ハミルトン(メルセデス)が最速 | トップページ | アブダビGP予選Q2、ハミルトン(メルセデス)最速 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67415211

この記事へのトラックバック一覧です: アブダビGP公式予選Q1、トロ・ロッソ・ホンダ勢敗退:

« アブダビGPフリー3回目、ハミルトン(メルセデス)が最速 | トップページ | アブダビGP予選Q2、ハミルトン(メルセデス)最速 »