« D.ティクトゥム、Mi.シューマッハに雪辱を果たす | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、「ベッテルよりルクレールを警戒」 »

2018/11/20

最終戦アブダビGPのタイヤも両雄で選択分かれる

Image (C)Pirelli Motorsport
拡大します
いよいよ2018年のF1も最終戦アブダビGPを残すのみとなったが、ある意味今年の戦略の重要な要素となったタイヤ選択が、ここでもメルセデスAMGとフェラーリ・チームで分かれることがわかった。

このレースにピレリタイヤが持ち込むのはスーパーソフト(レッド)とウルトラソフト(パープル)、そしてハイパーソフト(ピンク)の3種類。
ハイパーソフトはいずれも8セットで同じものの、一番堅いスーパーソフトはメルセデスAMG勢が2セットずつなのに対し、フェラーリ勢は3セットを選択、逆に中間のウルトラソフトはメルセデスAMG勢が3セットでフェラーリ勢は2セットとなっている。
スーパーソフトは1セットだけのチームもある中、フェラーリの選択は決勝レースでもこのタイヤを使う意思が表れているようだ。

すでにタイトル争いは結着が付いたとはいえ、オフシーズンを気持ちよく送るためにどのチームも最終戦は好成績で終えたいところだ。

|

« D.ティクトゥム、Mi.シューマッハに雪辱を果たす | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、「ベッテルよりルクレールを警戒」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67396769

この記事へのトラックバック一覧です: 最終戦アブダビGPのタイヤも両雄で選択分かれる:

« D.ティクトゥム、Mi.シューマッハに雪辱を果たす | トップページ | ハミルトン(メルセデス)、「ベッテルよりルクレールを警戒」 »