« 山本尚貴、来季フリー走行セッション参加の期待高まる | トップページ | アブダビ合同テスト2日目タイム(11/28) »

2018/11/29

英国の国内機関はイギリスGPシルバーストーン継続を希望

British GP Scene (C)Renault F1
拡大します
1950年にスタートした現代F1グランプリの最初の開催地であるイギリスのシルバーストーン・サーキットだが、近年赤字がかさんでいて契約上は2027年までの長期開催条件があるものの、「解除条項」により現状では2019年の開催が最後とも伝えられている。

そのためロンドン市内の特設コースでの市街地グランプリが後継開催候補に挙げられているが、イギリス国内のACN(各国のモータースポーツ権能団体)はあくまでもモータースポーツ伝統の地であるシルバーストーン・サーキットでの開催を強く望んでいるようだ。

「市街地特設コースでやるには路面の改修が必要になるし、それなりのコストが掛かる。
何よりシルバーストーンはイギリス・モータースポーツの象徴、ここでのグランプリをなくしてはならない」と主張している。

|

« 山本尚貴、来季フリー走行セッション参加の期待高まる | トップページ | アブダビ合同テスト2日目タイム(11/28) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67428136

この記事へのトラックバック一覧です: 英国の国内機関はイギリスGPシルバーストーン継続を希望:

« 山本尚貴、来季フリー走行セッション参加の期待高まる | トップページ | アブダビ合同テスト2日目タイム(11/28) »