« グロージャン&ガスリーの接触事故はお咎めなしに | トップページ | アブダビGPはハミルトン(メルセデス)が有終の美飾る »

2018/11/25

ハースF1のフォース・インディアに対する異議申し立て却下

 FIA
アブダビGPのレーススチュワード(審査委員)は、ハースF1チームから提出されていたフォース・インディア・チームに関する異議申し立てについて、これを却下したことを明らかにした。

ハースF1チームは、現在の新生レーシング・ポイント・フォース・インディアが、前身であるサハラ・フォース・インディア時代のマシンをそのまま使用しているため、F1レギュレーションで定められたコンストラクター(マシン製造者)であるとはいえず、すなわちチームとして賞金を受け取る資格がないと抗議したもの。

しかしこれについてFIA(国際自動車連盟)は、「レーシング・ポイント・フォース・インディアはマシンを自製しており、コンストラクターとして認められる」との見解を示し、抗議は認められないとした。
ハースF1チームはこの裁定に対し控訴するかどうか保留している。

|

« グロージャン&ガスリーの接触事故はお咎めなしに | トップページ | アブダビGPはハミルトン(メルセデス)が有終の美飾る »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67416503

この記事へのトラックバック一覧です: ハースF1のフォース・インディアに対する異議申し立て却下:

« グロージャン&ガスリーの接触事故はお咎めなしに | トップページ | アブダビGPはハミルトン(メルセデス)が有終の美飾る »