« メルセデス首脳、「ハミルトンとは長く関係続けたい」 | トップページ | ロブ・スメドリー、今季でウィリアムズ・チーム離脱 »

2018/11/06

ランボルギーニもフォルクスワーゲンもF1参戦断念へ

 Lamborghini
FIA(国際自動車連盟)は2021年のF1レギュレーション変更に合わせ、新たなエンジン・サプライヤーの参入を図っていたが、候補に挙げられていたランボルギーニ社もポルシェのいずれも断念する方向であることがわかった。

ランボルギーニのCEO(最高経営責任者)で、元フェラーリ・チームの代表だったステファーノ・ドメニカリ氏は、ドイツの専門誌『アウト・ビルド』に次のように語っている。

「見てのようにF1には二つの『階級』が存在する。
そんなのは新たに参入すべき競技ではない。
MGU-H(熱エネルギー回生システム)の廃止など約束していた2021年からのレギュレーション変更もまったく見通しが付かない状況ではわれわれが参加することはない」と、一刀両断。

またポルシェ・ブランドでの参入が噂されたフォルクスワーゲンも「いま社内上層部にF1参入という議題は存在しない」と、一蹴。
FIAが示してきた12チーム24台というグリッドは実現できそうにないままだ。

|

« メルセデス首脳、「ハミルトンとは長く関係続けたい」 | トップページ | ロブ・スメドリー、今季でウィリアムズ・チーム離脱 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67351663

この記事へのトラックバック一覧です: ランボルギーニもフォルクスワーゲンもF1参戦断念へ:

« メルセデス首脳、「ハミルトンとは長く関係続けたい」 | トップページ | ロブ・スメドリー、今季でウィリアムズ・チーム離脱 »