« ピレリタイヤ、2023年まで単独F1サプライヤー契約延長 | トップページ | メルセデスのルイス・ハミルトン、ウルトラソフト – スーパーソフトと繋ぐ1 ストップ戦略で優勝 (ピレリ) »

2018/11/26

アロンソ(マクラーレン)、コース外走行で3ペナルティ・ポイント

 FIA
アブダビGPのレーススチュワード(審査委員)は、マクラーレン・チームのフェルナンド・アロンソに対しペナルティ・ポイント計3点を科したことを明らかにした。
それによればアロンソは、25日の決勝レース中他車とのバトルの際に、8-9コーナーで度々ランオフエリアにはみ出て不当な利益を得たというもの。
認定された違反は18時47分、18時51分、18時52分の3回。

アロンソのペナルティ・ポイントは今回それぞれ1点ずつの3点で、計6点となった。
ペナルティ・ポイントは連続する12か月で累積12点に達した場合、当該ドライバーのスーパーライセンスが次戦まで停止されるため次のレースに出場できないことになるが、アロンソはすでにF1引退を表明しているため実害はないことになる。
なおオコンには別途5秒ずつのタイム・ペナルティが科せられている。

|

« ピレリタイヤ、2023年まで単独F1サプライヤー契約延長 | トップページ | メルセデスのルイス・ハミルトン、ウルトラソフト – スーパーソフトと繋ぐ1 ストップ戦略で優勝 (ピレリ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67420505

この記事へのトラックバック一覧です: アロンソ(マクラーレン)、コース外走行で3ペナルティ・ポイント:

« ピレリタイヤ、2023年まで単独F1サプライヤー契約延長 | トップページ | メルセデスのルイス・ハミルトン、ウルトラソフト – スーパーソフトと繋ぐ1 ストップ戦略で優勝 (ピレリ) »