« マクラーレン、アロンソのインディ500挑戦は支援チームで | トップページ | 「来季フェラーリはルクレール主体も」と、伊メディア »

2018/11/15

2021年のエンジン規則変更、期待できず

Renault V6 Turbo Engine (C)Renault Sport
拡大します
F1は複雑で高価になりすぎた現行のエンジンを、2021年のレギュレーション変更を機に大きく簡素化して、コストの提言、さらには新たなエンジン・サプライヤーの参入を誘導するなどすべく検討を重ねてきたが、どうやら当初の狙いは叶わない模様だ。
これまで名前が挙げられたコスワースやイルモア、VW(フォルクスワーゲン)、ポルシェ、アストンマーティンなどいずれもすっかり消極的になっている。

新しい規則になれば現在のエンジン・サプライヤーにとってはそれ自体が負担となることとなり、「変更したにもかかわらず新たな参入者がなければ資金の無駄」との反発を買っている始末。

F1の責任者であるチェイス・キャリー/CEOはそれでも「現在でも簡素化とコスト削減という基本理念はわれわれもチーム側も変わっていない」と主張するものの、チーム側はすっかり熱が冷めた表情だ。

|

« マクラーレン、アロンソのインディ500挑戦は支援チームで | トップページ | 「来季フェラーリはルクレール主体も」と、伊メディア »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67382189

この記事へのトラックバック一覧です: 2021年のエンジン規則変更、期待できず:

« マクラーレン、アロンソのインディ500挑戦は支援チームで | トップページ | 「来季フェラーリはルクレール主体も」と、伊メディア »