« 予選6番手ハートリー(トロ・ロッソ)、「感傷的になった」 | トップページ | 田辺豊治T/D(ホンダ)、「レースは結果がすべて」と引き締め »

2018/10/07

オコン(フォース・インディア)にグリッド降格のペナルティ

FIA
日本GPのレーススチュワード(競技審査委員)は、フォース・インディア・チームのエステバン・オコンに対し、今日行われる決勝レースでグリッド3番降格のペナルティを科すことを明らかにした。

これは6日(土)行われたフリー走行3回目セッション中、ヒュルケンバーグ(ルノー)がクラッシュしたことにより赤旗中断となった際、適切な減速を行わなかったと判断されたため。

なお同時にペナルティ・ポイント2点も科せられた。
ペナルティ・ポイントは連続する12か月で累積12点に達した場合、当該ドライバーのスーパーライセンスが次戦まで停止されるため次のレースに出場できないことになるが、オコンはこれが初のペナルティ・ポイントということになる。

オコンは予選8位だったが、これにより11位に降格、9位だったベッテル(フェラーリ)、10位だったペレス(フォース・インディア)、そして11位だったルクレール(ザウバー)がそれぞれ一つずつポジションを上げることになる。

|

« 予選6番手ハートリー(トロ・ロッソ)、「感傷的になった」 | トップページ | 田辺豊治T/D(ホンダ)、「レースは結果がすべて」と引き締め »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67247553

この記事へのトラックバック一覧です: オコン(フォース・インディア)にグリッド降格のペナルティ:

« 予選6番手ハートリー(トロ・ロッソ)、「感傷的になった」 | トップページ | 田辺豊治T/D(ホンダ)、「レースは結果がすべて」と引き締め »