« メキシコGP公式予選Q1、ボタス(メルセデス)が最速タイム | トップページ | メキシコGP公式予選、リカルド(レッドブル)が会心のPP獲得劇 »

2018/10/28

メキシコGP公式予選Q2、ザウバー勢そろってQ3へ躍進

引き続きメキシコGP予選は15分間のQ2が行われた。
心配された天候はまだ持っている。
ここでも15台中、Q1と同じく下位の5台がノックアウトとなる。

最初のアタックはフォース・インディア勢が一番堅いスーパーソフトを履いて出て注目されたがやはりタイムは伸びない。
降格が決まっているガスリー(トロ・ロッソ)は予想通りここではアタックしていない。
最初のアタックではハートリー(トロ・ロッソ)、ペレス(フォース・インディア)、オコン(フォース・インディア)、アロンソ(マクラーレン)、そしてノータイムのガスリー(トロ・ロッソ)が現在Q3への敗退タイム。
フォース・インディア勢もウルトラソフトに履き替えた。

各車2度目のトライの結果、トップはフェルスタッペン(レッドブル)で1'15.640のベストタイム。
2番手ハミルトン(メルセデス)、3番手ベッテル(フェラーリ)、4番手リカルド(レッドブル)、5番手ボタス(メルセデス)、6番手ライコネン(フェラーリ)、7番手ヒュルケンバーグ(ルノー)、8番手サインツ(ルノー)、9番手ルクレール(ザウバー)、10番手エリクソン(ザウバー)までがQ3進出を決めた。

ここでの敗退はオコン(フォース・インディア)、アロンソ(マクラーレン)、ペレス(フォース・インディア)、ハートリー(トロ・ロッソ)、そしてガスリー(トロ・ロッソ)の5台となった。

|

« メキシコGP公式予選Q1、ボタス(メルセデス)が最速タイム | トップページ | メキシコGP公式予選、リカルド(レッドブル)が会心のPP獲得劇 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67319775

この記事へのトラックバック一覧です: メキシコGP公式予選Q2、ザウバー勢そろってQ3へ躍進:

« メキシコGP公式予選Q1、ボタス(メルセデス)が最速タイム | トップページ | メキシコGP公式予選、リカルド(レッドブル)が会心のPP獲得劇 »