« 日本GPフリー3回目、ヒュルケンバーグ(ルノー)がクラッシュ | トップページ | 日本GP予選Q2、トロ・ロッソ・ホンダ勢揃ってQ3へ »

2018/10/06

日本GP予選Q1、エリクソン(ザウバー)がクラッシュ

6日(土)、鈴鹿サーキットを舞台に日本GPの公式予選Q1が始められた。
18分間で争われるここでは全20台中、下位の5台がノックアウトとなる。
セッション開始時の気温は24度、路面温度は26度、台風の影響で風が強いが路面はいまのところドライコンディションとなっている。

最初のアタックで鈴鹿を良く知る筈のエリクソン(ザウバー)が7コーナーでコースアウト&クラッシュ、いきなり赤旗中断となった。
その後一部に雨粒との報告も。

ここでトップはハミルトン(メルセデス)で1'28.702のベストタイム。
2番手ベッテル(フェラーリ)で0.347秒差、3番手ボタス(メルセデス)、4番手フェルスタッペン(レッドブル)、5番手ライコネン(フェラーリ)、6番手ルクレール(ザウバー)、7番手グロージャン(ハース)、8番手リカルド(レッドブル)、9番手オコン(フォース・インディア)、10番手ガスリー(トロ・ロッソ)。
ハートリー(トロ・ロッソ)は14番手で通過も、マクラーレン勢はアロンソ18番手、バンドーン19番手に留まった。

ここでの敗退はヒュルケンバーグ(ルノー)、シロトキン(ウィリアムズ)、アロンソ(マクラーレン)、バンドーン(マクラーレン)、そしてエリクソン(ザウバー)の5台となった。

|

« 日本GPフリー3回目、ヒュルケンバーグ(ルノー)がクラッシュ | トップページ | 日本GP予選Q2、トロ・ロッソ・ホンダ勢揃ってQ3へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67245530

この記事へのトラックバック一覧です: 日本GP予選Q1、エリクソン(ザウバー)がクラッシュ:

« 日本GPフリー3回目、ヒュルケンバーグ(ルノー)がクラッシュ | トップページ | 日本GP予選Q2、トロ・ロッソ・ホンダ勢揃ってQ3へ »