« 日本GP予選Q2、トロ・ロッソ・ホンダ勢揃ってQ3へ | トップページ | 予選6番手ハートリー(トロ・ロッソ)、「感傷的になった」 »

2018/10/06

日本GP予選、トロ・ロッソ・ホンダ勢が6-7番グリッドに

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
6日(土)、鈴鹿サーキットを舞台に日本GPの公式予選が行われた。
Q3開始前に一部雨の報告があり、ドライタイヤとインターミディエイトと装着タイヤの選択が分かれた。
しかしインターミディエイトを履いたフェラーリ勢は1周しただけでピットに戻る羽目に。
各車2回目のアタックに入ると同時に雨粒が増え、各所でスピンするシーンがみられ、タイム更新は不可能な状態に。
スピンをみせたベッテル(フェラーリ)は有効なイムを出せないまま終了となった。

ポールポジションは終始トップタイムをマークし続けた本命のルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)。
自身通算80回目となるポールは1'27.760というベストタイムで記録した。
シンガポールGP以来、今季8回目の快挙となった。

2位はチームオーダーのボタス(メルセデス)でハミルトンとは0.299秒の差だった。
3位フェルスタッペン(レッドブル)、4位ライコネン(フェラーリ)、5位グロージャン(ハース)、6位はハートリー(トロ・ロッソ)で、これは自身最高位となるものでその存在感をアピールした。
7位ガスリー(トロ・ロッソ)、8位オコン(フォース・インディア)、9位ベッテル(フェラーリ)、10位ペレス(フォース・インディア)というトップ10グリッドになった。

日本GP公式予選の結果はこちら
日本GPの画像はこちら

|

« 日本GP予選Q2、トロ・ロッソ・ホンダ勢揃ってQ3へ | トップページ | 予選6番手ハートリー(トロ・ロッソ)、「感傷的になった」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67245687

この記事へのトラックバック一覧です: 日本GP予選、トロ・ロッソ・ホンダ勢が6-7番グリッドに:

« 日本GP予選Q2、トロ・ロッソ・ホンダ勢揃ってQ3へ | トップページ | 予選6番手ハートリー(トロ・ロッソ)、「感傷的になった」 »