« マクラーレン、2019年のインディカー・フル参戦断念に | トップページ | ベッテル(フェラーリ)、赤旗無視でグリッド降格ペナルティ »

2018/10/20

完全ウェットのアメリカGPフリー2回目、ガスリー2番手に

Circuit of the Americas (C)Pirelli Motorsport
拡大します
19日(金)14時(日本時間:翌日4時)からサーキット・オブ・ジ・アメリカズを舞台に今季F1第18戦アメリカGPのフリー走行2回目セッションが行われた。
残念ながらセッション開始時の天候は雨、セッション開始時の気温は17度、路面温度18度、路面は完全なウェットコンディションとなっている。

セーフティカーでの確認後、セッションは予定時刻に始められたが、雨は続いていてコースインするマシンは現れず、ハミルトン(メルセデス)はピットガレージを後にし、レッドブル・レーシングはガレージ内でカラオケを始める始末。

50分近くを過ぎてやっとと雨は小降りになり、まずは午前のセッションで走れなかったハートリー(トロ・ロッソ)から走行が始められた。
続いて同じく初走行のバンドーン(マクラーレン)、それからライコネン(フェラーリ)の3台がコースイン、他チームはその様子を窺う状況でセッションは進行した。

トップタイムは再びハミルトン(メルセデス)だったが、ハミルトンの周回数は3ラップだけ。
つまりたった1回の最低限の周回でトップタイム1'48.716をマークしたことになる。
2番手はガスリー(トロ・ロッソ)で1.012秒の差。以下、フェルスタッペン、アロンソ(マクラーレン)、ヒュルケンバーグ(ルノー)、ハートリー(トロ・ロッソ)、エリクソン(ザウバー)、バンドーン(マクラーレン)、ライコネン(フェラーリ)、ベッテル(フェラーリ)の順。
リカルド(レッドブル)、グロージャン(ハース)、マグヌッセン(ハース)の3台は走行しなかった。

アメリカGPフリー走行2回目の結果はこちら
アメリカGPの画像はこちら

|

« マクラーレン、2019年のインディカー・フル参戦断念に | トップページ | ベッテル(フェラーリ)、赤旗無視でグリッド降格ペナルティ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67292136

この記事へのトラックバック一覧です: 完全ウェットのアメリカGPフリー2回目、ガスリー2番手に:

« マクラーレン、2019年のインディカー・フル参戦断念に | トップページ | ベッテル(フェラーリ)、赤旗無視でグリッド降格ペナルティ »