« アメリカGP予選Q2、フェルスタッペン(レッドブル)走れず | トップページ | ハートリー(トロ・ロッソ)もエンジン交換で最後尾スタートに »

2018/10/21

アメリカGP予選、ハミルトン(メルセデス)が超バトル制す

Circuit of the Americas (C)Pirelli Motorsport
拡大します
20日(土)、オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズを舞台にアメリカGPの公式予選が行われた。
Q3の1回目のアタックを終えた段階でトップは1'32.567のハミルトン(メルセデス)。
2番手に0.088秒差でライバルのベッテル(フェラーリ)が付けた。

2度目のアタックでハミルトンがさらにタイム短縮、ベストタイム1'32.237をマークしてみせた。
これにわずか0.061秒差の2番手にベッテル(フェラーリ)、0.070秒差でライコネン(フェラーリ)が続いた。
ただしベッテルは3グリッド降格のためフロントロウはハミルトン&ライコネンという顔ぶれになる。
以下4番手ボタス(メルセデス)、5番手リカルド(レッドブル)、6番手オコン(フォース・インディア)、7番手ヒュルケンバーグ(ルノー)、8番手グロージャン(ハース)、9番手ルクレール(ザウバー)、10番手がペレス(フォース・インディア)というトツプ10グリッドになった。

ハミルトンのポールポジションは前戦日本GPに続く連続で今季9回目、自身通算81回目。
またここサーキット・オブ・ジ・アメリカズでは3年連続の快挙となった。
決勝レースではマシントラブルのため15番手に沈んだフェルスタッペン(レッドブル)の追い上げが注目される。

アメリカGP公式予選の結果はこちら
アメリカGPの画像はこちら

|

« アメリカGP予選Q2、フェルスタッペン(レッドブル)走れず | トップページ | ハートリー(トロ・ロッソ)もエンジン交換で最後尾スタートに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67295732

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカGP予選、ハミルトン(メルセデス)が超バトル制す:

« アメリカGP予選Q2、フェルスタッペン(レッドブル)走れず | トップページ | ハートリー(トロ・ロッソ)もエンジン交換で最後尾スタートに »