« ロシアGPフリー2回目、ハミルトン(メルセデス)が最速タイム | トップページ | パワーユニット交換でグリッド最後尾降格のペナルティ相次ぐ »

2018/09/29

アルテム・マルケロフ(ルノー)、いきなりスピードみせる

FIA
ロシアGPのフリー走行1回目セッションでカルロス・サインツに代わっF1に初めて出走したルノー・チームのアルテム・マルケロフ(24歳:ロシア)が、いきなりそのスピードをみせた。
ただしこの真相は初めてのF1公式セッションでピットレーン速度違反によりペナルティを科せられたもの。

ロシアGPのレーススチュワード(審査委員)は、24日(金)に行われたフリー走行1回目セッションでマルケロフにピットレーン速度違反があったとして、ルノー・チームに対し罰金200ユーロ(約2万6千円)を科したことを明らかにした。
それによればマルケロフは、制限60キロのところを61.5キロで走行したとのこと。
マルケロフはロシア唯一のF2ドライバーだ。

|

« ロシアGPフリー2回目、ハミルトン(メルセデス)が最速タイム | トップページ | パワーユニット交換でグリッド最後尾降格のペナルティ相次ぐ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67218713

この記事へのトラックバック一覧です: アルテム・マルケロフ(ルノー)、いきなりスピードみせる:

« ロシアGPフリー2回目、ハミルトン(メルセデス)が最速タイム | トップページ | パワーユニット交換でグリッド最後尾降格のペナルティ相次ぐ »