« シンガポールGPフリー走行、ピットレーン速度違反が相次ぐ | トップページ | シンガポールGPフリー3回目、フェラーリ勢がトップタイム »

2018/09/15

冷却系損傷していたベッテル(フェラーリ)

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
14日(金)行われたフリー走行2回目セッションで、バリアに右後部を接触させ、その後ガレージ内での作業が続いたベッテル(フェラーリ)のマシンは、冷却系を損傷させていたことを明らかにした。

「接触した際に、ラジエターのパイプが損傷していることがわかったんだ。
水漏れが見つかったのでその修復に時間が掛かったのと、念のためのチェックで走る時間がなくなってしまった。
大事な夜の時間の走行ができなかったことで心配されるけど、マシン自体の感触は悪くないので心配していない。
明日のフリー走行でバランスをチェックすれば問題ないよ」

チームメイトであるライコネンがトップタイムだったのに対し9番手に留まったベッテルだが、過去10回行われたここシンガポールGPでポールポジション4回、優勝4回と共に最多でこのコースを得意としている。

|

« シンガポールGPフリー走行、ピットレーン速度違反が相次ぐ | トップページ | シンガポールGPフリー3回目、フェラーリ勢がトップタイム »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/67170765

この記事へのトラックバック一覧です: 冷却系損傷していたベッテル(フェラーリ):

« シンガポールGPフリー走行、ピットレーン速度違反が相次ぐ | トップページ | シンガポールGPフリー3回目、フェラーリ勢がトップタイム »